ハットのたたみ方

ハットのたたみ方
marihojaのサマーハットの中の、Paper BladeシリーズとWeave Raffiaシリーズは、
畳んで持ち運ぶことができます。
日中は日差しが強い日も、夕方になると帽子が邪魔になってしまったり、
お子様とのお出かけの際には、荷物や抱っこで帽子が邪魔になってしまったりと、
夏には必須の帽子も状況によっては荷物になってしまうことも...
 
そんな時にバッグにしまえると、とても便利なのです。
しかし形のあるものをたたむのは、ちょっと勇気がいるもの。
綺麗に長くお使いいただくためにも、たたみ方のポイントをお伝え致します。
 
まず、トップの折り目に合わせて平らに半分にします。
 
平らにした状態を、端からクルクルと丸めます。
 
たたむというイメージより、丸めるというイメージで小さくしていただくと、
折り目がつかず綺麗に小さくなります。
 
たためるハットも、長時間そのままにしてしまうと折り目や癖がついてしまい、
型崩れの原因となってしまうので、ご自宅など移動先に到着されたら、
綺麗に広げて平らなところに置いて頂くことおすすめしています。
だんだんと素材も柔らかく馴染み、日差しを浴びて少しずつ色に深みが出てきます。
ご自分のサイズ感に馴染み、経年劣化を楽しんでいただけるハットなので、
是非、長い間楽しんで頂けたら嬉しいです。
 
 
 

続きを読む

手持ちのスカーフをヘアバンドのように巻く方法

手持ちのスカーフをヘアバンドのように巻く方法

Paper  Bladeシリーズの違い

Paper Bladeシリーズの違い

ハットの被り方

ハットの被り方

コメント

最初にコメントしてください。
すべてのコメントは、管理者による確認後に公開されます。